一戸建て住宅のローン審査に通るには

1月 10th, 2013

私たちが一戸建てなどの住宅を購入する場合、大半の人がローンを利用することになるでしょう。しかし、お金を融資する側の銀行も返済が滞ると困るので、事前に審査を行って融資可能かどうかを判断します。場合によっては審査が通らずにお金を借りられないこともありますが、どういった部分を審査しているのでしょうか?

一般的なイメージとして、収入が多いほど審査が通りやすいと思いがちですが、実はデータを見ると、年収よりも借りる時の年齢や今努めている会社の勤続年数のほうが重視されることがわかります。

住宅ローンの完済時の年齢が75歳未満を条件にしているところが多いですが、当然完済時の年齢が若ければ若いほどリスクが少なくなります。借りる時の年齢が高い場合は、返済期間を短くしないと借りられないといったケースも出てくるようです。

安定した収入があるかどうかも一戸建てローンの審査に受かるかどうかのポイントになります。勤続年数が長いほど安定した雇用をされていると判断されるので審査上非常に有利になります。注意したいのは、派遣社員、契約社員などは勤続年数に含まれないことが多いです。一定期間ごとの契約更新が必要な雇用形態は不安定と判断されるようです。

Posted in 不動産全般 | No Comments »